いじめ・ひきこもりのご相談
あなたは1人じゃない。あなたは駄目なんかじゃない。
いじめで悩んでいる子ども達・お子さんのことで悩んでいらっしゃる方へ

すべての人々には、生きる権利があります。
子供には、いじめや虐待から守られる権利があります。
命は、とてもとても大切なものです。
誰もが生きているということ、そのことが、家族、友だち、社会にとって、何より大切で幸せなことなのです。
もし、いじめにあったとき、いじめられているのかなと思った時には勇気を出して、「助けて!」とSOSを送ってください。

私たちはいつでもあなたの、あなたの大切な人の味方です。



▶ 解決例・相談例はこちら



あなたの身近にこんな事はありませんか?

●今まで仲良かった友人からの無視  ●学校に行きたがらない
●衣服の汚れ・乱れ  ●持ち物がなくなる・壊れている  ●暴力
●嫌がらせ  ●過度な中傷・悪口  ●からかい  ●仲間はずれ
●金品のたかり  ●脅し・口止め  ●コミュニケーションが苦手  ●挫折
●周りの目を異常に気にする  ●コンプレックスを持っている


なんでいじめられるの?

基本的に子どもというのは、善悪の判断なしに
残酷なことを平気でやってしまうものです。
「いじめる理由」をたずねてみれば下記の様なものばかりです。

●何となく、つまらなかったら
●何となく、気に入らない子だったから
●ワガママを言ったから
●何をやっても「イヤ」って言われなかったから
●一人だけ、ちがう物をもっているから

「この子!」とターゲットを決めて、
「いじめるための理由」を見つけ出すのです。

いじめが行われる場所

いじめの多くは、学校にいる間やその登下校の途中で行われます。帰宅後に学校以外の場所に呼び出されるようなケースもあります。
いじめが行われる場所は、人目につかない場所です。
例えば人の出入りが少ないトイレ、後者や体育館の裏、更衣室の奥、通学路などが多いようです。

傍観者(いじめを見て見ぬふりをする人)が多ければ、教室で生徒が大勢いる前でも、先生や大人がいない時を狙って行われます。教室で行われる場合は、休み時間や放課後など、先生が教室を離れているときがほとんどです。

自分の子供が?

お子さんがいじめにあっていたら、「どうしてうちの子が?」と
理由がわからず悩んでしまっていませんか?
たいていの場合は心当たりがないという場合が多いと思います。

「子どもがどうも、いじめにあっているようだ…」
そう思っても、果たして本当に「いじめ」なのかどうか…判断に迷うことが多いかと思います。
言葉によるいじめだと、「ふざけていただけなのに」「からかっていただけなのに」
「冗談なのに本気にして…」といじめる側は誤魔化すことがよくあります。
でも「いじめ」と「からかい」は根本的に違います。
仲良しで信頼し合える関係の人たちとお互いに言い合って、
みんなが楽しんでいる場合には、単なる「からかい」。
言われる側が「いつも同じ人」でかつ「そのことを苦痛に感じている」なら、それは立派な「いじめ」。
単なる「けんか」と取られることも多いようですが、攻撃が一方的で、やる・やられるの関係が
固定しているなら、これも「いじめ」です。
お子さんを守れるのは親です。お子さんの小さなSOSを見落とさないでください。


社会的ひきこもりとは。

『自宅にひきこもって学校や会社に行かず、家族以外との親密な対人関係がない状態が6ヶ月以上続いており統合失調症(精神分裂症)やうつ病などの精神障害が第一の原因とは考えにくいもの』これが厚生労働省による「ひきこもりの定義」です。対人関係を回避して孤立している、歳相応の社会参加が不可能、生活範囲が著しく限定されている…

いわゆる社会的ひきこもりと呼ばれるもので、その数は推定100万人以上とさえ言われています。要因としては、本人の身体的・精神的・社会的な問題が複雑に絡み合っていると考えられています。



実際にお客様から寄せられたご相談

栃木県/34歳女性

小学校6年生の娘がいます。ある時から急に学校に行かなくなりました。
最初は体調不良を訴え休んでいました。父親が怒ったことで毎朝家を出て行くようになったのですが、学校から電話があり、ずっと登校していないと連絡がありました。娘に理由を聞くと、先生や友達が嫌だから学校に行きたくないとの事。今まで全くいじめられている様子も無く楽しく学校の話しもしていたのに「どうしたのだろう」と疑問ばかりです。現在、娘は家で何をすることもなくTVを見てゲームしてご飯を食べてひきこもり状態になってしまいました。頭を抱えています。今後どのように接していけば良いのかも解りません。

東京都/60歳女性

24歳になる息子がいます。半年前に突然会社をやめました。
いったい何があったのか話すこともなく、職を探すこともなく家にいます。
家に居てもずっと部屋に引きこもっているばかりです。
私ももう60歳なのでこれからどうしたらいいか本当に困っています。
何か良い方法はありませんか。

群馬県/48歳男性

高校に通う息子がいます。最近頻繁にお小遣いを要求してきていたのですが、更にお金を貯めたいからバイトをするとバイトを始めました。
しかし、どうやらそのバイトを始めた理由が高校の先輩にお金を要求されているようなのです。家にいても、こそこそ携帯で謝っている様子が窺えたり、なんだか痣を作ってくるようになりました。息子はその事実を決して私たちには言いません。育ち盛りでナイーブな年齢なのでどのように対処していくべきか悩んでいます。アドバイスを頂きたいです。



お客様の状況に応じた多彩な手法を駆使。

いじめ・ひきこもりに対して
「こうすれば必ず解決する」という
方程式はありません。
心の問題を孕んだケースに正解はないのです。

弊社では、長年の経験で培った実績とお客様の声をもとに、どんな状況にもきめ細かなサポートができる体制をご用意しています。

まずは、ご相談ください。
共に考え、新しい扉を一緒に開いてあげましょう。

共に考え、歩みましょう。必ず新しい扉は開けます。