集団ストーカーとは

集団で行われるストーカー行為

一般的にストーカー行為と呼ばれる個人が個人を標的にするものとは違い、 この集団ストーカーはある特定の団体や集団(宗教法人など)が嫌がらせを組織的に行うことが概略です。 いわゆる「いじめ」という行為と同じ系統の言葉ですが、これが次にあげる過度のいやがらせの場合、犯罪として「集団ストーカー」と 世間で言われることが多いです。ただ、明確な定義は決まっていません。また、略称として「集スト」と呼ばれることもあります。

集団ストーカー行為の実態

実際に行われている集団ストーカー行為の内容を紹介します。

集団ストーカーが被害者に精神的に嫌がらせをして、自殺や犯行に追い込む

組織的犯罪の怖さですが、カルト集団や暴力団をお金で雇うケースがあります。対象となる被害者に精神的に嫌がらせを続け自殺においこんだり、 精神病を患ったり、犯罪を犯さないと生きていけないように追い込む行為をします。また、合法的な社会的抹消に追い込むのも多いようです。

被害者のプライバシー(個人情報)を利用

集団ストーカーはあらゆる方法を駆使して被害者の個人情報を得ようとします。被害者本人だけに判るようほのめかして恐怖心を与えるといった行為から、 被害者になりすまして他人に嫌がらせをしたり、友人や同僚に対して孤立するように仕掛けます。

ネット上での集団ストーカー

インターネットの発達により、不特定多数の人間があるターゲットとなった人物を攻撃することも可能となってしまいました。 上記で得たプライバシー情報を、ネット上の大手掲示板などで晒し、嫌がらせをする攻撃も多くなっています。

集団ストーカー対策

このようなストーカー被害にあってしまったら、どのような対策が効果あるのでしょうか。

事実を記録し、味方を増やす

このような状況になり、冷静に判断するのは難しいかもしれませんが、とにかくメモや日記に嫌がらせの内容を 記録し、自分なりに「妄想ではなく事実である」と第三者に伝えられるようにすることです。通常のストーカーは法律で犯罪と定められましたが、集団ストーカーはまだまだ警察も定義しにくく、簡単に説明できるような状況に無いようです。 信頼してもらえそうな業者にも味方になってもらえるように訴え続けることが大事です。 精神的に負けずに、人間を信じ続け行動してください。

その他の記事